日々の徒然をつらつらと訥々と。


2017.10.21.sat

振り返ろうと思えばいくらでも振り返られるほど、
いろいろありました。
比較的いろんな所でライブしてました。
各所各日で違えど、結果楽しい、でした。
ほんとありがとうございました。

最近よく思い出すのは、
結構昔に面白半分で易者さんに手相を見てもらった時のことで、
その人が言うには、僕の前世は仏を彫る「仏師」らしいです。

オカルト的なことはあまり言いたくないのですが、
※性分としてだいぶオカルトめいてるので、

仏じゃないにしろ、
自分または自分を写すもの、
を「彫る」。

そんな感覚が、
演奏するにあたって、
とてもしっくりくるのです。


2017.09.28.thu

たぶんに「弾き語り」という在り方が好きなんです。
とてもシンプルで。
とても難解で。
一挙手一投足が音になって。
感情も技術も。
その人の前後左右も。

ギターと声だけの時間。
とても、楽。
つらいけども。
ほんと、とても、楽。


2017.09.06.wed

何気にいろんな人と、
楽器を合わせる機会があります。

この前は、たぶん初めてブロンコのタケ姐のリズムでベースを弾きました。
アコセットだったし、本領発揮ではないだろうけども、
正直本当に居心地が良かったです。

ケチョンケチョンジャグバンドのケチョンさんがドラムで、
僕がベースやアコギを弾いてた時も、
本当に居心地が良かったのを思い出します。

共有。
享受。

とでも言うのかな。


理解するのは大事だし大切だけど、
その必要も無くなるような空間での、
圧倒的な居心地の良さ。


でもそれはほんの些細な「何か」の違い。


2017.09.05.tue

おい、1か月空いたぞ。
どうなってるんだね?
なにをしてるんだね?

と聞きたくなるくらい、
まぁ目まぐるしく生きております。

たぶんにこういうスペースで、
出演したライブとかイベントとか、
そういう話とかをゆっくりと語るのがそれなんだろうけど。
うん、ほんとごめんなさい。

そんなわけで、

9/3は久しぶりのダブルヘッダーでした。

お昼は、
『たまには昼から×弾き語る私たち』
というイベントでした。

米沢で弾き語りをしてる「島貫仁一」さんの企画で、
カフェARBにて開催でした。
ランチ食べつつってね。

終始、とても良い空気でした。
アマリリス→山→オレ
っていう、本当にやりやすい空間でした。

迎合することなく。
弾く。語る。
誰一人ウソをついてない。

極端な話、
バンドってウソついてもいいと思うんですよ。
いや、つかないに越したことはないけども。

でも、
弾き語りでウソつかれると、
僕は確実に萎える。

だからこそ、
この日はとても澄んでた。
そんな日。そんなメンバー。
本当にありがとうございました。


夜は、
山形市のBAR、Tarjiにて、
ルースターズの「花田裕之」さんを迎えてのライブでした。
BRONCO.とオレが前座で。

Tarjiは店主がブルースマンっていうのもあって、
空気がもうブルースだし、
ブロンコはもう弾き語りだろうとロックだし、
花田さんはもちろんレジェンドクラスのロックだし。

何を隠そう、僕もロックンローラーの端くれですが、
なんとなくこの日は、
ロックもブルースも置いといて、
「僕の弾き語り」を聴いてもらいたいと思いました。
ので、あんな選曲。

期待してるもの。
聴きたいもの。

ではないもの。
っていうのは空気でひしひし伝わりました。

でも、すっげーしっかり聴いてくれてる。
ってのもひしひし伝わりました。

本当にありがとうございました。




そんで、
両イベントの僕の大きな反省としては、
音源を持っていかなかったことです。


2017.07.30.sun

今日は山形市のサンディニスタというライブハウスで、
レザボア君のライブでした。

『TOP OF THE PRADE vol.43』

ということで、
言い出しっぺのBRONCO.のレコ発山形編でした。


前日前々日とツアーで演奏してきたブロンコ、
ボーカルのイノブさんの声はカッスカスでした。

それでもガシっと歌ってて、
そのイノブさんを見てか、
ベースのタベさんも、
ドラムのタケねぇも、
ガシっとグワっとしてて、
見ててとてもゾクゾクしました。

ああいうバンドがいるから、
パレードの先頭立ってくれるから、

なんつーか、
うし、がんばるか。
ってなります。

LIVE-ARBでも何枚かBRONCO.の新譜を取り扱うので、
欲しい方は是非ぜひ。


レザボア君のステージは、
とても楽しかったです。
早い時間から皆様ありがとう。

はじめましての外国の方に、
「あなたのベースプレイとてもカッコいいね」
なんて言われて嬉しかったです。
日本語も上手でした。
シェーシェー。


要所要所に、
メンバー内で「BRONCO.ごっこ」と呼んでるアプローチを、
少しずつ取り入れてみました。
シンプルだけどかっこいい。
一音一打の入魂。
そこに行く為のプロセス。
まだまだぜんぜんですが、
僕らの思うカッコいいに、
もっともっと近付きたいと思います。

まぁ、レザボア君は、
活動ペース的に薄いので、
10年後くらいには相当カッコよくなってるかと。

でもそのころには、
ブロンコももっともっとすっごくカッコよくなってるだろうから、
楽しいんですね。


そう、これは書いておきたい。
この日の「KO-RIONI」が最高でした。


2017.07.21.fri

とか言って2週間くらい間を開けてしまう体たらく。

何となくですが、
今年いっぱいは曲を何とかして作らずに、
ちょっとカバーに精を出そうかと考えてます。
※何とかして、っていうのがポイント


既存の曲のアレンジや再構築が好きなんです。

それは僕が秘密裏に大々的にやっている、
「カオルとゴロウ」っていうユニットをする上で、
各々の曲を2人用にアレンジしてて気付きました。

そんで、そのアレンジっていうので大切なのは、
「理解」だと思うんです。

その曲を知る。
その曲を伝える。

誰かが書いたその言葉を、
自分の言葉になるまで潜る。

そこまで行くと、
「その曲は誰それの曲だ」
を超えれるんです。


それをちょっとやりたいんです。


2017.07.10.mon

日々のルーティンとして、
これを書いていければなという目標。

弾き語りにおいて、
さしてはアコギを弾きながら歌うことに関して、
僕が結構大切にしてるとこは、
「音量」だったりします。
※ダイナミクスって話じゃなくて、
 ボリュームバランスの話。


たぶんに、
アコギでの弾き語りって、
普段おうちで演奏してるときは、
マイクもスピーカーも立てず、
普通に生音でやってると思うんです。


ギターの音、と、声、と。
シンプルにこの2系統の音を、
無意識かつ気持ちいいくらいで、
調整して演奏してる(と思う)。


たぶんに僕が目指すのは、
その時間の再現、だと思うんです。


2017.07.09.sun

珍しく何もイベントが無い日曜日。
夜は川西町のブルームって美容室で開催される、
『満月ライブ』を観にいこうかな。


昨日は、
宮城県の大河原『唐巣堂』で弾き語りでした。
何度かウチのライブハウスにも出演してもらってる、
「姫嬰仙人」の方々がやってるライブもできる素敵なお店です。

はじめての場所で、
はじめまして、の方もほとんどで、

でもとても真剣に、楽しく聴いて頂けました。
本当にありがとうございました。

アンコール含めて9~10曲くらいかな。

けっこうバシバシと進めさせてもらいました。

詩を、言葉を、メロディーを、ギターの弦の音を、
みんな聴き逃さまいと、
その空気が、本当の本当に居心地がよかったです。
次はいつ行けるかわからないですが、
またいつか行きたいです。


話は変わって、
ペグを変え、
ナットを変え、
ブリッジピンも変え、

なので、
ついさっきまで僕の中で、
『第4次アコギ弦対戦』
~フォスファーvsブロンズ~

が開催されてたのですが、
解決の目途が立ちそうです。


生音はブロンズ弦が良いです。
僕のギターにブロンズ弦を張ると、
非常にバランスが良いです。
音の質もシンプルかつ力強い。
低域の出方も高域の出方も、
フォスファーより「ぐっ」とくる。

ただブロンズ弦は端的なf特の印象があって、
それがライン出しだとその部分が強調され過ぎる感じでした。
※現状はLRのiBeamパッシブ+パラアコ

で、ライン出力の際の当面の答えは、
フォスファー弦だと思います。
フォースファーの倍音(高いのも低いのも)は、
生音だと少し邪魔だし、
ストローク時の「グシャ」感が苦手です。

ただライン出しだと、
その倍音成分が隙間を埋めてくれる感じで、
トータルとしてフラットな音で出力できてる気がします。

プレーン弦の落ち着き具合も非常に好みです。


まぁ生音でフルストロークする機会もないし、
ライブってなったらライン出しだろうから、
このままフォスファー弦になりそうです。


今後開催されそうな争いは、

『iBeamパッシブvsアクティブ戦争』
『エリクサーvsその他』
『弦のゲージ戦争』

の3本です。

ゲージ戦争は、
ずっとやりたかったんですが、
なかなか腰が上がらず、
ってか、
エリクサーのミディアムが通販くらいでしか買えないので、
躊躇してます。

エリクサーvsその他戦争はキリがないので、
やりたくないです。

ただ僕が一番好きな弦は、
赤マーチンです。
※今もそのラベルかは不明

あ、今度ひさびさに張ってみようかな。


2017.06.30.fri

今回作った「sample4」の中で、
まぁ全部好きなんですが、
取り分け、

この曲が作れてよかった。

っていうのが、
「鳥」と「日々を読む」です。

「鳥」はまぁ置いといて、


「日々を読む」は作り始めた時点で完成してた、
っていうか、
ただほんとうに「そこにあった」だけの曲です。

だからもう、
「なぞるだけ」っていうか、
「左手は添えるだけ」っていうか。
「そうそう、うんうん」って。

何の苦も無く、
何の推敲も無く、

「あ、タバコ吸いたいな」レベルの、
ごくごく自然な流れ、でした。

とても居心地の良い、大好きな曲です。


2017.06.27.tue

たいていの人がスルーするギターの話のコーナーです。
先日、ABE GUITARTSさんにお願いしてたギターが帰ってきました。


ざっくり言うと今回お願いしたのは、

・ペグ交換
・ナットのリセット

でした。


まずはナット。
ギターを預ける1週間前に、
今まで付けてた牛骨ナットが1弦の溝から割れてしまい、
ライブもあったので急きょ交換しました。
今回付けたのは「トレムナット」です。
※現行では「ブラックタスク」って名称らしい。
人口象牙(的なもの)のまぁパイオニアで、
取り付けも簡単。素人でもがんばれば取り付けれるやつ。

タスクはあんまりいい印象が無いんですよ。

音はまあ良いと思います。
倍音とかスゴク出るくなるし、
加工しやすいし、
ブラックタスクに関してだと、
摩擦が何故か少ないから※そういう仕様
チューニングもしやすいし。

でも問題は「加工しやすい」ところで、
ナットやサドルの弦溝の劣化が激しい気がするんです。
結構すぐキャラクターが変わるっていうか。
当たりが変わって、
で、その当たりの変化もちゃんと音に反映させちゃうから、
なおさら混乱させられる。

そんな印象です。

でもこの
「加工しやすい」→「そじやすい」ってのを
今回取り付けた「トレムナット」なら、
少しは軽減させるんじゃないかと。
摩擦係数の少なさゆえ、思うのです。
なので、まぁ実験の範疇ですが、取り付けた次第です。


にしてもケースを開けたらナットが割れてたのにはびっくりしました。
1弦がもうベタ付けになっちゃってるからペチペチ言うの。
ペチペチペチペチ。
「ちょっと三味線っぽくね?」とか言ってそれっぽいフレーズとか弾いてました。



んで、ペグも交換しました。
どっちかっていうとこっちがメインです。
GOTOHの1:21のタイプです。
クロームっていうか、
ちょっと吹き付けたようなクローム色で、
トータルのルックスもすごくいい意味で「おもちゃ」っぽくなって嬉しいです。
機能はもう問題ないです。大満足です。
なんていうのかな、
釣りをしててリールを手繰るような間隔です。
音を釣れる。
※釣りの経験は片手ほどしかありません。



さて、肝心な部分ですが、
音の変化です。


オリジナルのペグよりも重いので、
予想通り音の膨らみっていうのかな、は、減りました。
その分、弦の響きがフラットになったというか、
※サイズや仕様ゆえ800Hzあたりのはしゃぎっぷりは健在。
しっかりと弦の音を再生できるようになった。って印象です。



ってなると、またこれが始まるのです。
「80/20ブロンズ弦」VS「フォスファーブロンズ弦」

血で血を洗うような戦いがまた始まるのかと思うと、

うん、楽しみです。


2017.06.24.sat

僕の新曲群の中で「置いてけぼり」って曲があります。

刃物ではない曲なのです。
これはこれで僕のパンチラインなのです。


2017.06.23.fri

メインで使ってるL-1を預けているので、
昔メインギターだったhistoryのNT-01を弾いています。

やっぱり14フレットジョイントなので、
昔メインだったとしても少し慣れません。
いやでも、とても良い音してます。

僕はギターを弾く
のが好きですが、
多分に決して上手ではないと思ってます。

というのは、
僕の特徴として主たるのが、
「そのギターに慣れる」というところだと思っています。

ギターの特徴とか癖とか、
好きな音のポイントとか、
そういうのがいちいち楽しくて。

そうこうしてるうちに、
「そのギターにあった弾き方」が染み込んでいく。
そんな感じなのです。

良し悪し。

ぱっとギターを持ち帰ると、
表現はアレだが攻撃力が落ちるんです。
いや、外聴きだとバレてないかもだけど、
そういう風にギターを弾くと、
「いずい」感じがするのです。

これはもう仕方ないのかなぁ。と思ってますが、
ライブ時における最終的な目標として、

・ギターはマイク録り
・ガットギターと持ち替えたい
・パーラーギターと持ち替えたい

ってのがあるので、
少しずつ少しずつ順応していきたいなぁ。
って思ってます。

でもやっぱあれだ。
L-1早く帰ってこないかなぁ。



2017.06.22.Thu

ほっときゃ10日も空ける訳です。
まぁもう仕様としか言えないです。

そんな訳で、
購入依頼ほぼほぼ毎日弾いてたギターを、
ABE GUITARTSさんに預けた訳です。
※過去文参照

手元にずっとあるギターが無くなるってのは、
やっぱりさみしいもんですね。


2017.06.11.sun

ほっときゃ10日も余裕で空ける訳です。
ごめんなさい。

6/11、
米沢市FROM DUSKにて、
四枚目の音源『sample4』の発売記念と称して、
ライブを開催しました。
みなさま、ほんとありがとうございました。

1時間半くらいだったのかなぁ。
のんびりとゆったりと、
すごくいい意味で、
「いつも通り」演らせて頂きました。
ほんと、ありがとうございました。


忘れないうちに。
昨日のそれ。

1.序(new)
2.鼻歌
3.言い訳(new)
4.屋根裏部屋に置いたまま
5.キスをしよう
6.喫茶店ブルース
7.ガタガタした車(new)
8.うそつきドリー
9.鳥
10.迷子の唄
11.置いてけぼり(new)
12.こころ
13.日々を読む(new)

en
1.絵本
2.序(昔の)


長かったかなぁ。
お付き合い頂いて、
しっかり聞いて頂けて、
ほんと嬉しかったです。
ありがとうございました。


2017.06.01.thu
さて、プレスに出したCDが今日届く予定でしたが、
届きません。たは。
さて。
はて。


2017.05.31.wed
今日は山形市の唐松観音辺りに工房を営んでる、
【ABE GUITARS】さんに遊びに行きました。
いや、遊びっていうか、
今使ってる「L-1」のペグを交換することにしました。
※それにまつわる有象無象は過去文を読んでください。

現状あまり、不具合は無いのですが、
満足点では到底なかったのです。

すごく下世話な話、
あまりギターを他人に預けるのは苦手です。
例えば、少しいじってもらって、
少し音が変わったとするじゃないすか。
それが自分好みの方向なら良いんですが、
そうじゃなかった場合、
その工房のせいにしてしまいそうで、
ちょっと怖いんです。
前のギターはたぶん限界値ギリギリで使ってたので、
それこその他人の手に任せるのが怖かったです。
ゆえに、今もそのまま。
※前のギターに関する有象無象も過去の文を読んで

で、今回踏み切れたのは、
・関節的に「ABE GUITARS」さんの仕事に触れる機会が多くとてもに納得できた
・今のギター自体、まだ長く使ってないのでいじるなら今のうちだと思った。
・ペグの復路にほんと嫌気がさした。

まぁ交換は来月末くらいになるだろうけど、
こういう諸々って、
やっぱりわくわくするし、
楽しいよね。


2017.05.22.sun

最近の僕の悩みといえば、

「頭痛」です。

カテゴリー的に「片頭痛」って呼ぶかは知らないけども、

頭痛がひどいです。

土曜日曜は着帽ができないほどで、

まぁ、「帽子かぶってないのも新鮮でいいね」

なんて言われるのが救いです。

そんな僕は今週はあっちこっち行ってきます。

クマガイマコトさんと。

はじめまして、のところも、

おなじみのところも、

ひさしぶり、なところも。

売り込みに行くんじゃなくて、

なんていうか、

30分なら30分、

そこに居たい。

っていうのかな。



2017.05.14.sun

今日は僕にとって

「ごほうび」のような一日でした。




2017.05.11.thu

さて、連休進行もひと段落。

※と、思いたい。


なかなかな日々をほんとに過ごしています。

眠るのが、すこしもったいない。

そんな日々。

いや、眠いよ。


2017.05.03.wed

最近、少し疲れやすくなってる気がします。

これを、

疲れやすくなったのか、

疲れに早く気付くようになったのか、


似たようなもんだけど、

後者と思えれば意外と楽しいもんです。


2017.05.02.tue

今日は『モミーFUNK!』というバンドの、

レコ発リリースツアーでした。


この三人のグルーヴっていうんでしょうか。

は、相当なもので、

バンドたる理想で憧れです。

そこに、コミカルが入って、

そのグルーヴであったり、

テクニックであったり、を

くどいものにしない。

だから、すん、とカッコよく聞こえる。


すごいなぁ。


2017.05.01.mon

連休の街の雰囲気好き。


2017.04.30.sun

『ARABIKI ROCK FESTIVAL 2017』

二日目も無事終わりました。

二日通して、

来てくださったみなさま。

出演者。

スタッフ。

ありがとうございました。

来年もやりたいなぁ。


2017.04.29.sat

『ARABIKI ROCK FESTIVAL 2017』

というイベントの初日でした。

三年後には何とか本家に怒られるくらいになりたいです。



2017.04.28.fri

4枚目の音源、

「sample4」を、

6/11から発売開始いたします。


取り急ぎご報告。

是非とも時間を作っていただき、

見に来てください。



2017.04.27.tue

告知など。

明日の4/28に、

大柴広己さんと、

「鴉」ってバンドの近野淳一さんが、

やってきます。

この日がレコ発の豊川嬢も。


大柴さんは久しぶりだから嬉しいなぁ。

前回は終わってからラーメン食べにいったっけ。


お時間ある方は是非遊びに来てください。

そのままラーメン食べにいきましょう。


そんでもって、

明日にでもちょっともういっこ告知でいれば。

6/11は空けといてください。


2017.04.26.wed

たぶん連休明けて五月の半ば過ぎまで休めそうにないので、

しっかりと休日を過ごさせてもらいました。

たまには、ね。


2017.05.25.tue

こんなもんか。

そんなもんか?

そんなもんだ。


2017.04.25.mon

やりたいことを羅列したくなった。


・ギターを持って旅に出る。

・英会話を勉強する。

・ロバートジョンソンの29曲(42テイク)をコピーする。

・自転車に乗って旅に出る。

・海で夕日を見る。

・ワンピースを一巻から読み直す。

・蕎麦を食べながら日本酒を飲む。

・ゴルゴ13を全巻読む。

・山で朝日を見る。


あ、意外とあるな。

あとでもう少し考えてみよう。



2017.04.23.sun

LIVE-ARBのブッキングイベント、

『Soul-Infection vol.99』でした。


ひさしぶりのバンドも、

初めましてのバンドも、

おなじみのバンドも、

おなじみの弾き語りも、

ぐるぐるかき混ぜる。

そんなイベントです。


混ぜた結果、どうなるかは、

意外と僕は放置します。

たぶん勝手に進むだろう、と。

甘いかな?

んでも、

その時の空気がすごく好きなんです。



99回目ということで、

僕も出演しました。弾き語りで。

※100回目は出演者多くて、オレ出る隙が無かった


あまり自分のハコでライブをするときは、

「ライブハウスの人」でありたくないんですけど、

今回ばかりは伝えねばと、

LIVE-ARBのイノウエゴロウで演奏させて頂きました。


それに加えて、

僕の出番の直前のCheersが、

すごく楽しかったのと、

その前に出てた豊川薫が、

すっごくよかったので、

その流れに乗らせていただきました。

流れに逆らわず。って感じ。


とても良い99回目でした。

本当に感謝です。

何回目まで携われるのかは謎ですが、

もうしばらくは重ねていきたいです。

もうしばらくはヨロシクね。



2017.04.22.sat


いわきのChanoちゃんと、

札幌のChimaちゃんと、

大阪のAKoYaちゃん、

をお迎えしてのAcoustic Night vol,64でした。

ChimaちゃんとAKoYaちゃんが同い年ってことも帰り際判明して、

盛り上がってしまった。

ので、勝手にちゃん付け。


三人とも、

ちゃんと音楽っていうか、

ライブっていうか、

演奏っていうか、

をしっかり向いてて、


なんていうか、

嬉しくなっちゃいました。

こういう出会いや、きっかけが、

何らかを動かして、

何らかになっていく。

ライブって、

「生きてる」ってことで、

なんか、「なう」感っていうか、

「生」感があるけど、

ほんとは、

「今とそのちょっと先」

なんじゃなかろうか。

そんなことをぼんやり考える。


そんで何より、

三人が三人とも三人を見せてくれたのが、

相当、心地よかったです。

とても良い夜でした。


おら、男ども、シャキッとせい。


2017.04.21.fri

この日は先週も来た「西尾まさき」さんの、

復路LIVEでした。


何より、
西尾さんと島貫さんが楽しいそうに喋ってたのが、
なんか嬉しかったなぁ。

2017.04.20.thu

ほとんどの人を無視する、

「ギターの話」のコーナーです。



今、メイン使用してるギターは、

2000年製のGibsonのL-1のハーレムスリムって人のカスタムモデルです。

オリジナルの現行品より胴がちょっと厚くて、

サンバーストの色も明るめ、

サウンドホールも現行より大きめ

ネックもほんの少し太め。

そんな1本です。


これを買うときに、

知り合いの楽器屋さんに、

「お金は準備した!L-1が欲しい!

選びたいから3本くらい準備してくれ!」

っと無茶振りして3本準備してもらいました。


1935年ものと、

1988年ものと、

買った2000年ものの、

三本でした。


歴史的なアレとか、

個人的な興味・趣向とか、

少しばかりの財産と解すれば、

1935年ものも良いかもなぁ、

と思ったのですが、

いかんせん古いギター。

使っていくことに、だいぶ不安を感じるのでパスしました。

音もカランコロンと鳴る良い感じ。

マーチン先生を鈴なりと呼ぶならば、

このL-1さんは下駄鳴りって感じ。

カランコロンと。

いやぁよかったなぁ。

昨日、このギターを弾いた時の夢を見たので。

こんな日記。いまさらね。


1988年は一瞬だけ弾いて、

もう眼中にありませんでした。

たぶんどこかブレイシングがおかしいか、

そもそもこういう仕様なのか、

はたまた昔の音源や資料から「L-1」はこんな音だろう的な、

「乾いた音」と「鳴らない」を履き違えたような感じでした。

超絶的な合板のニューヨーカーを弾いてる感じ。


で、2000年のL-1を弾いてみたら、

※2本の中じゃダントツに安かった

ん、これL-1?、

ん、ギブソン?

って感じだったけど、

うん、いいギターだ。

って感じをなにより先に感じました。

2000年もので、

前の所有者も3年くらい所有したくらいで楽器屋に入ってきたとのこと。


状態もまぁまぁ良かったし、

なにより「しっくりきた」のが決め手でした。

「うん、これこれ」的な。


このギターを買ってから、

他にもたくさんの良いギターを弾かせてもらったけど、

結局、自分のギターに戻るんすよね。

「うん、これこれ」って。


でも、楽器って限界あるじゃないですか?

大切に扱ってても壊れるし。

いや、大切には扱ってないか。


だから、

たぶん永遠にずっとこのギターを弾いていくってのは、

不可能だと思うんです。

その為に、今のギターで可能なかぎり沢山弾いて、

次のギターにつながっていく。

そんな感じなんじゃなかろうかと。


最近、ごく稀に以前使ってたギターを弾くと、

「やっぱり、このギターいいなぁ」ってなる。

けど、そのあと今のギターを弾くと、

「うん、これこれ」ってなる。


そんな繰り返し。

たぶんに勝手にギターもつながっていくんじゃなかろうか。

そんな話。




さて、前置きはそのくらいにして本題です。

今のL-1には純正のペグが取り付けられています。

※総称としては「チューナー」が正しいと思うけど便宜上ペグと呼ぶ


このペグがまぁ精度的に大味で、

かゆい所に手が届かない感じなんですよ。

そこで、ここ一年くらい頭の中で考えてたのは、

「GOTOHの510シリーズのギア比1:21」のペグに交換したい。

ってことです。


基本的に「思い立ったが吉日」な僕ですが、

1年もペグの交換に踏み切れていない理由があるんです。


理由の1つ目が、

まぁペグを交換するとしたら確実にセットなんですが、

「ナットの再調整」が怖い。

ってのがあります。

現状は牛骨です。

一弦の溝が割れてるんす。

で、それを誤魔化す為にアロンアルファで嵩上げしてあるんです。


おい、そんな応急処置、あかんやん。

と思われるかもですが、

これがなかなかどうして、現状ベストな音なんです。

弦高も相まって、なかなかのミラクルセッティングなのです。


それがナット交換、溝再設定によって変わるのが怖いです。

弾き心地も音も。

神経質かもですが、なかなかの悩みです。

まぁ、変えちゃえば変えちゃったで、

納得はできるんだろうけどね。


で、

ペグ交換に踏み切れない2つ目の理由。

これが最大の理由です。

踏み切れない理由の比重としては、

こっちの方が9割以上は占めてます。


ことペグに関しては、

いろんなメーカー・ブランド・グレードがありますが、

どう考えてもGOTOHの1人勝ちだと思ってます。

上から目線っぽいものの言い方になってしまいますが、

本当に良い仕事をしてくれます。

絶大な信頼を寄せてます。


そこまで言っておきながら、

なぜペグ交換に踏み切れないのか。

その理由は、


デザインがダサいんです。


これなんです。

困ってます。

バックのデザインとかはまぁ大目に見よう。

いや、やっぱ大目にも見れないくらいダサい。

ボタンのデザインとかもう残念です。


そんな僕としての選択肢は4つです。

①GOTOHさんが良い感じに俺好みのデザイナーを雇ってくれるのを待つ

②他メーカーさんがGOTOHくらいのモノを作ってくれるのを待つ

③あきらめて現行のGOTOHを取り付ける

④それすらあきらめて、今のペグのままでいる


ここまで書いといてアレですが、

現時点で④が濃厚です。コラ。






無理くりにでもまとめるとするなら、

こういう、すったもんだを妄想するのって、

なんていうか、醍醐味ですよね。

圧倒的な独り言にお付き合い頂き、感謝。


2017.04.19.wed

ちょっと告知をば。

米沢にも何度も来てもらってるチャノちゃんが、

さらに二人引き連れて米沢にやってきます。

迎え撃つのは野郎共。

お時間許せば皆様ぜひ遊びにいらしてください。



2017.04.18.tue

ギターを弾くといつも思うことは、

「もっと弾けるようになりたい」ってこと。

んで、

「もっと弾いていたい」ってこと。


2017.04.17.mon

たぶん低気圧のせいによる頭痛が近年ひどくなっている。

※気がする


2017.04.16.sun

収録曲、全部出そろいました。

きたこれ。

あとはほんの少しの微調整を。

一晩寝かすくらいでちょうどよい。


2017.04.15.sat

今日は「ワタナベマモル」さんをお迎えしてのライブ。

今日はやらなかったけど「8月4日B級劇場」って曲が、

最高に好きです。

大好きな曲を10曲挙げろと言われたら、

その中に入るかも知れません。

※そんなことしたことないので


この日のイベントは、

山形市の「BRONCO.」ってバンドから話を頂いて、

開催になりました。

ブロンコとはもう長い付き合いな気がします。

僕がレザボアってバンドを組んで間もなく知り合ったので、

10年くらいかぁ。


とっても優しくて、

とっても怖くて、

とってもカッコよくて、

とってもバカで、


たぶんこの人たちと出会えたから、

こうして今ライブハウスに居るのかも知れません。


あまり「先輩」と呼べるバンドが居ないので、

僕にとってブロンコの存在はとても大きいです。


大好きなバンド、

大好きな先輩です。


でも打ち上げの席での、

料理の注文数がちょっと多過ぎるのが、

このバンドの問題点だと思います。

この季節の米沢は、

春、にはまだ届きそうで届いてなくて、

道を歩いてても、

ちょっと世界が茶色がかってて、

でも、その中から、

緑色を探すのが、

少しばかりの喜びなのかな、と。

作成途中の歌をまとめなきゃならんのだけども、

どんどん新しいのが出てくる。

こういうの、

嬉しいけども、

困る。

嬉しいけど。

通常はお休みの日でしたが、

うちのライブハウスでは馴染みの

「西尾まさき」さんが米沢でライブしたいってもんだから、

通常営業です。


西尾さんは、

以前は福島に住んでいて、

ゆえによく米沢でライブしてもらってたんですが、

いろいろあって九州の方に引っ越しされて、

なんだか今は年に1回2回になって、


まぁ小うるさいおっさんだし、

口も悪いし、

んでもなんつーか、

いいおっさんなんすよ。

ギターが好きで、

歌が好きで、

それが端々で見えて、

にじみ出てて。


一時期はちょっと苦手だったんですけど、

今はさっぱり嫌いじゃないです。

むしろ会えると嬉しいです。


終演後、

西尾さんと二人で、

バーボン飲みながら、

少しだけゆっくり喋ってました。


たぶんにとても幸せな時間でした。

またこーして飲みたいっすね。

『花一輪に飼いならされる』

弾き語りとかバンドとか、

をやってく上で、

自分が今、どこに居るのか、

どの辺に居るのか、

それを考えるのはいいことだと思います。


それをしないと、

またはそれにいやになると、

僕みたいなのができるので。


たまに人は才能の話をします。


こと音楽に関する僕の才能は、

「練習する才能」

「自分を信じる才能」

だと思ってます。

だから僕は強いんです。



自分の音楽を信じて。

したらばもっと。

僕は誰よりも君のそれを信じてる。

そんなわけで新しいノートパソコンが届きました。

キーボードの質感に少しだけ慣れませんが、

総じて好印象です。

データ移行も少しずつやらなきゃな。


ぼんやりと次の音源に向けて、

やっとではありますが、

動き始められそうです。

10曲くらいは入れれるかなぁ。

追ってご案内できれば。

未発表の曲が半分くらい占めそうです。

本当は早くライブでやりたいんですけどね。

たまにはこういうのもいいかな、と。

ひさしぶりに新庄は「となりのカフェ」へ。

二周年とのことでお祝いがてら弾き語りさせていただきました。

先日うちでレコ発した、もーたろちゃんも一緒に。


お久しぶりも、はじめましても、

そんな空間で、とても居心地が良かったです。

みなみなさま、ありがとうございました。


まぁ当たり前の話ですが、

僕の曲は自己主張の塊のようなそれなので、

今日は何となく曲だけやろう、って気でやりました。

自己紹介もほぼやらないで、

曲間の言葉で繋ぎたくない、つーか。

「結局あいつはなんだったの?」

ってなるのは百も承知ですが、

迎合し、僕は私は、と語りたくなかった、つーか。


「プロ意識」というものがあるなら、

そのかけらもないような。

ただ殴り描いて置いてくような。


かっこよく言うと今日は、

絵の展覧会にしてたかったんです。

ガイド無しの。


とどのつまり、

それがたぶんに僕の理想かと。

僕の最大限のアマチュアイズムかと。


そのための説得力、再現力、

がもっとほしい。

昨日は確か4時くらいに寝たの。

んでも7時くらいに目が覚めて。


何がって、

ウルトラ寒気がしてて、

案の定、みるみる熱は上がって、

39度越えて。


んでもライブハウスに行って、

昨日の片付けと、

今日の準備と、

明日の準備をしなきゃで。


冷えピタと、

カロナールと、

エゾエースに頼りつつ、

息抜きにコレ書いてます。


そんな誕生日。

33歳はじめます。

オーライ。

ワンマンライブ終演後のもーたろちゃんと、

代行を待つ間、

あーだこーだとお喋り。

それも含め、とてもいい一日でした。

無事、ヤフオクにてノートパソコンを落札しました。

今使ってるのよりかは少しだけスペック上。

データ移行とかなんやかんやありますが、

一先ず安心です。


僕は投げ銭ライブってのが基本的にどうも嫌いです。

相当な事が無い限りウチのハコではやりません。

あの明るい強迫性が少し怖いです。

だとしたらちゃんとチャージ払いたいです。


あと、

まぁこれは全然今日とは関係ないんですが、

投げ銭ライブで小銭を入れてくれたことに対して文句言う人は、

もっと嫌いです。

これはもう人間性を疑うレベルです。



そんで、

少しでもモヤっとしたことがあると、

口が極端に悪くなる自分の癖が嫌いです。

思い出したかのようにHPを少し触ってます。

案外嫌いじゃないんです、こういう作業は。


しかしながら、圧倒的に優先順位が低いので、

(こら

いつも気付くと放置してるわけです。

あかんね。


これをアップしようと文章を打ってるわけですが、

そんな作業にもPCはギリギリ耐えてるかのように、

ファンやHDDがうぃーんうぃーんと鳴いてます。

ヤフオクで入札中のPCが値段そのままで落ちてくれれば、

と願うばかりです。


最近は、

年度末の繁忙期と、

そのオツリがまだあるせいか、

ギターが思うように触れない日が続きます。


頭ん中では曲はポロポロと。

それを表に、体外に出したいのだけども、

「よし、やるか」つって腰据えないとできないタイプなので、

もう少し様子見です。


様子見

って言葉は、

酷く都合が良い言葉ですね。

と、改めて。

ウルトラ久しぶりに更新です。

みなさまお元気でしたか?

僕は元気です。


前回更新が2014年とのことで、

いささか気が退けますが、

ちょっとぼんやりと文章を書きたくなったので、

こちらにお邪魔したいと思います。

SNSと呼ばれる物の微妙な双方向性がやっぱり少し苦手なのです。



近年、

「弾き語り」というものに、

ある程度の未来や希望や意義を重ねる機会が多いです。

それはとても大事なことで、

それを経て、それはとても強く太くなっていくんだと思います。

※「それ」を乱用しがちです。


しかしながら、

根本的なそれって、

実はもっと簡単なことで、

シンプルで、

もっともっとふつうのことなんじゃないのでしょうか。


例えば、

のどが渇いて水を飲むように、

眠くなってきたから布団に入るように、

んで、朝が来たから起きるように、


そんな中に本来それはあるんじゃないでしょうか。


例えば、

お風呂場での鼻唄と、

東京ドームでの唄とで、


同じものじゃないんでしょうか。

差はないんじゃないでしょうか。


そこに差をつけるのは、人で、

さしては自分で、

その状況でのそれは、

その尺度でのそれは、

本来のそれとは少し離れる気がするのです。


その上で、

それらを掛け離した上で、

自分を観れる、ってのが大事なんじゃないでしょうか。


その行為が、たまたま唄う、ってだけじゃないでしょうか。



すごくざっくり言うと、

子供が殴り書いた絵のような唄が、

僕は一番好きです。

って話です。


うん、わかりずらいね。

2014.12.17wed

今年はアレですね。

雪が多いです。

ちょっと挫けるレベルで昨日今日と降ってきます。


窓の外で降り続く雪を観ているのは、

風情があって好きなのですが。


そう、

雪国に生まれ、

雪国で育った僕ですが、


雪や冬をまだ唄ってません。

そういう唄も歌えるようになれば、

もうちょっとこの季節を好きになれるかもね。

2014.12.16tue

どんだけ放置していたのでしょうか。

すいませんでした。


さて、今年も終わりが近づいてます。

何が終わりで、なにが 始まるのか。

その辺はシステムの問題で、

そこに「心」が無条件で載ってくる。

そんな時期です。

いや、嫌いじゃないです。この時期。


今年は何をしたんだろう。

何か出来ただろうか。

何をやってないか。

ぼんやりと考えるのも悪くないですよね。


ちょっともう少し、

ここも書いていきたいです。

自分の、どんな形でもいいから、

心を置いておける場所は、

必要なのかな、と。

2014.9.30tue

ギターをだらだらと、

何の気なしに弾いてるぐらいが、

僕にはちょうど良いのだけれども、

そこに集中力を乗せた時に、

それまでとは違う楽しさが出てくるの。


そういう機会はあんまりないけど(コラ

僕にとってギターなんて、

「たまたま一番近くにあった」

って程度なの。


だから、

とてもとても「ふつう」なの。

2014.09.29mon

何かとバタバタしてしまった9月も今日で終わります。

明日は夏の忘れ物でも探しに行きたいと思います。

AERの曲でそんなのがあったなぁ。いや夏の色だっけか。


10月は「めろめろぱんち」っていう可愛い名前のイベントがあります。

そのイベントで弾き語りで出させていただくんですが、

それとは別に、

一曲イベント用に提供させていただきました。


で,

今日その練習をちょろっとしたのですが、

いやはや、楽しかったです。

唄を歌える人の後ろで弾くのはやはり楽しいです。


こういうのも、もっとやっていきたいのですが、

なかなか。


ちょっとフライング気味ですが、

11月1日にはパーカッションを加えて弾き語りします。

これもこれで凄く楽しみなのです。


2014.09.26fri

が少しずつ長くなってきたので、

僕は少し嬉しいのです。

2014.09.16tue

明日は本っ当に久しぶりに休日らしい休日です。

2014.8.31sun

ちょっと連投。

どうしても書いておきたくて。


30日、米沢市の九里学園高等学校での

文化祭の仕事が急に入りました。

まぁ急かどうかはここではどうでも良いことですが、

少しばかりの皮肉を込めて。


閑話休題。


場所は小ホール。

バンド発表の前に演劇部の発表がありました。

僕はまぁ、観てみよっかな。って感じで椅子に座っていました。



役者は1人。

もう1人は舞台袖で音出し。


その1人の女の子が、

50分間、舞台に立って、

オムニバス形式(でも伏線は残してるような劇)を

演じてたんです。


1人で50分。

高校生が。

ですよ。


劇の内容もとても良くて、

なおかつ、

それを一人でやる心意気に、

とても感動しました。


あの歳での、この経験は、

多分何にも変え難いものだと思います。

羨ましくも思います。


いつか機会があったら、

また観に行きたいと思います。


演劇が終わり、

バンド発表の準備のためにステージ裏に行ったら、

その子が居ました。

声を掛けると、

目も合わせず、

すごく聞き取りずらい声で、

「ありがとうございました」と。


ファンになりました。

2014.8.31sun

今日は、

山形の大学生のバンド、

『Valve fiction』のレコ発イベントでした。


彼らは、

僕の好きなロックンロールを、

若い世代の解釈で表現してて、

まだまだ全然下手くそなんですが、

とても大好きな、

とてもカッコいいバンドです。


得てして近年の山形の大学サークル系のバンドは、

校外にあんまり出てこなかったのですが、

最近はちょびちょびと「外」に興味を持って、

出始めているような気がします。

とても良い傾向だと思います。

米沢にある山形大学工学部の音楽サークルの子たちとは、

仕事柄、絡むことがあるのですが、

ここ2~3年で、少しずつ意識が変わってきた感じがします。


多分に、諸先輩たちのやってきたことの表れだと思います。

そういう『無意識下の歴史』みたいなものがとても好きです。

2014.8.30sat

今日は、

大江慎也さんのライブでした。

あのROOSTERSの

あの大江さんです。


相当のカッコよさと、

歴史と今が混ざり合っていました。


本当にありがとうございました。

2014.8.29fri

僕の手を握っていて

2014.8.28thu

松本大洋の『Sunny』は、

僕史上で首位を走っています。

次点はいまだに『寄生獣』です。

『ぼのぼの』は殿堂入りしてるので割愛します。

2014.8.27wed

朝方寒くて目が覚めて、

今にも雨が降り出しそうな朝。

空は灰色。と、ねずみ色。


定点観測かと言わんばかりに、

上杉公園に自転車で向かう。

眠気覚まし。


境内の門はまだ開いておらず、

門に会釈。


博物館の所で朝練をするどこかの運動部。


犬の散歩をする人と、

その人と世間話をする犬の散歩をする人。

早く歩き出したい犬。


ぼんやりした天気のせいで、

ためらうように少し恥ずかしそうに無く蝉。


ばあさんが鳩に餌を与えてて鳩だかり。

雀も混ざっているみたい。


しっかりと腕を上げ、

ウォーキングに勤しむ中年夫婦。


時折、腰に手を当てながら、

清掃員がゴミ拾い開始。


朝露か、

昨夜の雨か、

それでも気にせず

少し湿った芝生に腰を降ろし、

自販機でかった缶コーヒーを飲む。


小高い丘から見える道路は、

たぶん何処かへ向かう車や自転車で。

コンビニには高校生の自転車が多数。


小高い丘から見える東の空は、

太陽の輪郭すら映さず、

それでもどうにかして、

朝を表現する。



8月も下旬。

蓮の花は散り始めていて、

いや、

「蓮の花が還る」

って表現の方がしっくりくるな。

とか一人で考えたり。


時たま、

腕に雨の感触があるのだが、

手のひらには一向に落ちてこない。




そんな、

ぼんやりとした朝。


結構好き。

2014.8.26tue

こないだ、

ブードゥーの市村さんが夢に出たもんだから、

明日にでも顔見せに行ってきます。



最後のノートを見せてもらったときがあった。

その中の一文が頭から離れない。





「優しくない奴は、不良にもなれない」

2014.8.25mon

すごく久しぶりに山形市の、

フランクロイドライトで弾き語りしてきました。


良く見る顔もあったり、

久しぶりに阿部ギターの方と喋れたり、

炊き込みご飯をごちそうになったり、

楽しかったです。


イベント的に時間って概念が薄かったので、

のんびりと演らさせて頂きました。


1.序

2.うそつきドリー

3.春にして君を想う

4.キスをしよう

5.白いノートと黒い(以下略

6.迷子の唄


山形市への道中、

「僕らが旅に出たい理由」

「青い童謡」

を演りたいなぁ、とぼんやり考えてたのですが、

ステージ上の気分で選曲をポンポン進めるせいで、

演り忘れました。

少し後悔です。




なんてね。

2014.8.24sun

雨がザーザーと。

雷がゴロゴロと。


さっきまで賑やかだった空も、

今は落ち着いてるみたいです。


「空色」って言葉は面白いな、って思いました。

もしも前後に文章がなかったら、

いやあったとしても時として、


「空色」って色は、

僕の空の色になるわけで。

それは、

君やあなたの空の色とは違うかも知れない。

でも、

「空色」って言葉で括れる。


ってとこまで考えて、

結局、

あ、それはすべてか。

とも考えます。


たから言葉は面白くて。


なんだろう、

「絵を観てる」

そんな感じ。

2014.8.23sat

今年の春に卒業して、

大学に行った子たちの里帰り企画ライブでした。


リハでスイサワ御田さんのギターが不調で音が出ず。

その場で裏蓋開けて配線修理してあげて、

リハ10分ぐらい押したけど、まぁ事無きを得ました。

「助かりました、ありがとう」に素直に嬉しかったです。


僕も前座として15分いただいて、

1,キスをしよう

2,迷子の唄

3,白いノートと黒い鉛筆(以下略)

を演らせていただきました。

聴いてくださったみなさま、

本当にありがとう。


あとは、

ドタキャンはダメ。

だったら始めから断りましょう。ね。

2014.8.22fri

「流れ」をしっかり見る。

2014.08.21thu

結構ごっついレベルの独り言を書きます。


先ず、僕のギターのシステムの遍歴を書きます。


①ピエゾ(Fishman Matrix2)

+Roland Cube60※ベース用アンプ

→比較的良かったが、Cube60の運搬性の悪さがネックだった(重いの)。


で、

②ピエゾ(Fishman Matrix2)

+VOX パスファインダーBASS10W

→運搬性と音ともに満足できるレベル


③ ②+Fishman AURA DI

→最高の組み合わせでした。

FishmanのDIからPAに送り、VOXアンプをモニター用に使用。


※VOXアンプ無しでライブを行う場合も増える。


この辺りで、

『やっぱりピエゾの音はどうやってもピエゾだな』

『やっぱりマイク録りの方が音いいじゃん』

とか思うようになり、


④SM58 or SM57

のマイク録りが多くなる。


※その間、

Fishman Matrix Infinityや、

EMG、MXRの10BAND EQなども試して、

ライン出力の改善を試みるが断念。



ここで、

ギターが割れるわけです。

それにより、

◆アンダーサドルの音が激変

◆生音が激変


システムの変更を余儀なくされました。

今までの機材を全部売り、

ギター弦の種類やゲージも再検討し、


今まであんまり好きくなかった、

L.R BaggsのM1アクティブを購入。


【購入に踏み切った理由】

・アコギ用マグネティックピックアップはあんまり試した時が無かった。

・問屋のBモノで非常に安く売ってた。

・生音が鳴らなくなったのでマイクじゃキツくライン出ししたい。


【今まで好きじゃなかった理由】

・カッコ悪い



で取り付けてみたのです。

倍音感の再現はなかなかだったのですが、

やっぱりマグネット。

プレーン弦がたまにエレキっぽいの。


「なんだかなぁ」って感じで、

しばらくは騙し騙しでマイク録りしてました。


それでも限界を感じたので、

またライン出しに挑戦してみたのです。

いろんなプリアンプやら検討してたのですが、

選び切れずにいました。


困ってた僕は気分転換で、

ずいぶん前に、

「ルックスがかわいい」って理由で買った

YAMAHAのおもちゃのようなアンプに繋いでたところ、

すごく理想に近い音が出たんです。


「これだ」と。


試にPAに直で繋いでみたらOK。

「これだ」と。


せっかくなので、

バンドでベース弾いてる時に使ってるワイヤレスシステムを、

アコギでも使うことにし、

ケーブルストレスも解消。


ここで、

M1 Activeの特徴として、

「ボディーの振動も拾う」のが売りなのですが、

これがどうも厄介で、

僕のギターのボディーは叩くと、

2kHzあたりがコンコンキンキン言うのが嫌でした。

※気にする人は気にするってぐらいのレベルだが。


で、それを改善できないかなぁ。

と思っていたのですが朗報です。

改善できました。(たぶん)


M1はサウンドホールに挟むタイプなのですが、

その挟む部分がプラスチックなのです。

そこを防振のゴムとコルクでカバーしてみたら、

とてもいい感じなのです。



⑤M1 Active +YAMAHA THR5A

現状こんなシステムです。


してやったりのニヤニヤで、

今これを書いてます。


でもまぁしばらくは様子見ですが。

日々これ勉強です。

勉強というか好奇心、か。

2014.08.20wed

今日はたくさんたくさん考え事をしてました。

分かっていたことですが、

僕は考える事が好きなようです。


だから、

たまに考えるのをやめてみる日もあります。

からっぽにして。

真っ白にして。


でもそんなんしてても、

考えてしまう事が出てきます。


たぶん、

それが一番、

今考えなきゃいけない事なのだろう。


と、

少しだけラクな気分で、

僕はまた考えることを始めるのです。

2014.08.19tue

連投。

本当は「お盆ロック」の時、

もう一曲、新しい曲を演るつもりでした。


でもまだ、歌詞と唄とギターと僕が、

その曲と仲良くなれてないの。

これは少し時間がかかりそうなのです。

2014.08.19tue

最近またhuenicaばかりを聴いてます。

『白色は白色だろ?汚れても白色だろ?』

って歌詞。

が、とても好きです。


huenicaのサチコさんが、

僕の『絵本』をすごく褒めてくれました。

すごくスゴク嬉しかったのです。

2014.08.18mon

今日は知り合いのインストバンドのレコーディングをしてました。

とてもいい感じの空気を閉じ込められた気がします。

前回のバルブフィクションといい、

僕は良い機会に恵まれてると思います。

えへへ。

2014.08.17sun

お盆進行も終わり、

一息つきました。

みんな、お疲れ様。

2014.08.16sat

O-BON ROCK FES

なるイベントでした。

楽しいが溢れてて、

良かったです。


僕は、

1曲目『序』

2曲目『うそつきドリー』

3曲目『キスをしよう』

4曲目『迷子の唄』

ってやって、

おまけで『翼をください』

をやらせて頂きました。


『迷子の唄』は、

とってもとっても嫌いな、

でも、

とってもとっても大切な曲です。

しっかり歌っていきたいです。

2014.08.14fri

基本的に盆は不規則な生活になります。

今は昼ですが、

これから少し仮眠を取って、

土曜の朝まで頑張ります。

うん、頑張ります。

2014.08.14thu

すごく歌いたくない曲が出来ました。

とても嫌いな曲です。

でも歌います。

越えなきゃ、なのです。


2014.08.13wed

曲を作る。創る。

2014.08.12tue

11日はお休みを取って、

と言っても午前中は打ち合わせをし、

昼からラフティング(川下り)を初体験してきました。

泳げない僕は若干の恐怖心とともに参加しました。


先日までの雨

(いや今日も小雨でしたが)

のせいで、

川が濁っているとのことでしたが、

調子が良い時はすごく澄んでるらしいです。


そうだとしても、

川の流れに乗って、

ゆっくりと、

時に荒々しく、

自然をしっかりと愛でながら、

とてもとてもそれは贅沢な、

幸せな時間でした。


泳げないという若干の恐怖心とともに参加した僕ですが、

ライフジャケットという最強の相棒のおかげで、

川の流れにたゆたうことができました。


川に流されながら、

力を抜いて、

ぼんやりと。


こういう自然とも、

もっと仲良くなりたいな。

と、思いました。

2014.08.11mon

最近のこの感情を、

無理くりにでも分類するならば、

恋、と呼ぶんだろう。な。


でも、どうしようもない。の。

2014.08.10sun

そんなことはどうでもいいから

僕は今すぐ君とキスがしたい


っていう最近作った曲を

最近よく演っています。


とても好きな曲なんです。

2014.08.09sat

本当に子どものころから、

上杉神社に行ってたものだから、

あそこは精神的な「家」に近いと思います。


そこの公園の西側にある、

あんまし人がうろつかない、

イマイチよく分からない石碑。

※南北戦争だかの慰霊碑?

その辺が小学校からの僕の場所で、

当時と比べていまは草木で茂っている場所があります。


そこには1人で行くって決めてます。

それは、

そこに行くと誰かと会いたくなるからです。


僕の、

好きな場所です。

2014.08.08fri

6日、ぶらりと映画をみました。

米沢のイオンシネマ

※ついついワーナーマイカルって呼んじゃうよね。

にて「マレフィセント」を。


とても素敵な映画でした。

ひとつ難癖を付けるなら、

子供の頃にこういう映画を観たかったです。


何が悪か、

何が正義か、

って論点より、


「そこに在る」

って意識。


それが凄く素敵に伝わる映画でした。


映画やご飯やドライブは、

基本一人でも楽しいのです。

いや一人でも楽しいからこそ、


友達や好きな人や家族といても、

もっと楽しいと思えるのです。


『楽しい』は与えられるものじゃなくて、

見つけるもので、

そこは一人でも二人でもたくさん居ても変わんないんじゃないかな。

って思います。


それは僕の長所です。

ひっくりかえせば短所です。


って思えた、とてもいい休日でした。

2014.08.07thu

ひさしぶりです。ごめんなさい。


おかげ様でsample3もたくさんの人に買っていただき、

製作借金もチャラになり(そんなこと言っていいのか)

良いだ悪いだと、聴いてくれたからこその感想もたくさんいただき、

本当にありがとうございます。


すこし10年来付き合ってる今のメインギターの話をさせてください。

以前ここにも書きましたが、

メインで使ってるギター「HYSTORY NT-01」のサイドがバックリ割れたんです。

まぁいっちゃえば僕の扱いの悪さですけど。

で、修理もお願いしたのですが、

結局断っちゃいました。

その最たる理由に今回の音源作成があります。

今回の録音ってのは、

ギターの音をマイクで集音し、

記録として閉じ込める作業だったのですが、

日に日に、またはその時々で、

ギターの特性が変わっていったのです。

それは弾いてても如実で、

それを音源にしていいものかとも思いました。


ここからは少し僕のエゴになります。

僕は仕事柄かそういう流れなのか、

壊れた、または壊れそうなギターに良く逢います。

散々そういうギターと逢ってきて、

僕に身についてしまったのは、

「このギターは愛された」かどうかを探る癖です。

酷いのもたくさんみてきました。


僕は今のギターが大好きです。

音も。購入した経緯も。

手に入れてからのいろいろも。


でもたぶんコイツは死んでいくギターだな。

って録音に向けてのそれで気づいてしまいました。

ギター屋さんにも言われちゃったし。


でもだからこそ、

音源に閉じ込めたいな

って思ったのです。


まったく同じギターなのに、

曲によって、フレーズによって特性がガラっと変わってしまう。

なんだろう、

断末魔のような、最後の悪あがきのような、

それとも意地、のようなものが、

ギターから感じたのです。


あんまりこういう事書くと

オカルトチックでいやなんですがね。



今のギターはまだ弾けます。

音も鳴ります。

看取る決意。

些細ながらね。

それを音源にしました。


そういう楽しみかたもあるのよ。

2014.06.10tue

体中に血液が足りてない感じ。

2014.06.09mon

8日は山崎まさよしのライブに行きました。

結構昔の曲が多くて、

すこしびっくりしました。


でもやっぱり、

観ててわかるくらいに、

「オレ、すっごい影響受けてるなぁ」

って、

若干の気恥ずかしさと、

ある種の誇りみたいなもの。


ずいぶん前にも何かしらの文面で書いたと思うけど、

僕にギターっていうものを与えてくれたのは、

山崎まさよしです。


まぁ一方的だけど。

でも、はっきりと言えることです。

2014.06.08sun

僕の長年の謎が1個、解けました。

それは学校の先生だったり、

職場だったり

先輩だったり、

はたまた友達だったり、

テレビとかでもそうあることで。


その人が発する、

「その人が消化しきれてない誰か他から借りてきた言葉」

が嫌いなんだ、と。


そし我が身を振り返るわけです。

2014.06.07sat

余裕で1週間くらい空けるんですね。

ごめんなさい。


米沢は梅雨入りした模様です。

子供の頃、

兄に「梅雨ってすっぱいんだぜ」って教えられて、

空に向かって大口開けてたのを思い出します。

2014.05.26mon

LakeWoodというドイツのアコギのメーカーがあります。

とても丁寧にシンプルにギターを作ってる、

そんなイメージが強いメーカーです。


一度だけ、36だか38だかのグレードを弾く機会があったのですが、

なんて表現したらいいんだろう、

強いて言うなら「濁っていない」って感じでしょうか。

透き通った音とも違うし、

鈴なりなんてもってのほか、

弦の音、

木の音、

その二つが最良のバランスで鳴ってる感じがしたのです。


で、

なんで急にそうなマイナーなギターメーカーの話をするかというと、

ヤフオクでバカみたいな値段で出品されてたので、

ちょっとイライラしたからです。

いや、ガッカリ、かな。



2014.05.25sun

ここで書くのもアレですが、

僕はお向かいのカフェARBさんが嫌いです。

2014.05.24sat

米沢市には、

「アルカディア」という住所があります。

表記的にはもちろん、

アルカディア1丁目とか、

アルカディア2丁目とか、

そんな感じです。


そのアルカディアは、

そこから程ない工業団地の延長線として、

工場や企業の誘致の為に、

区画整理され、

売られてます。


まぁ、ガラッガラですけどね。

僕としてはいっその事、

アパートやらマンションやら立てても、

面白いとおもいます。


などと、市制にどうこう言うのも変だな。


で、本題。

5/24はそこアルカディアの中央部にある公園

※バスケットゴールがあったりする素敵公園

にて、ストリートバスケのイベントがありました。

僕は音響屋さんとして携わりました。


いい天気だったし、

みんな楽しそうだったし、

なんつーか、

いいイベントでした。


ここで書くのもあれですが、

得てして田舎の野外イベントって、

鈍化しやすいと思うんです。

なまじ音楽だ、食だ、と言っても、

それ以外が邪魔をして、

結局なんだったの?って。


なんでもかんでも集めて、

コンビニエンスストアみたいなイベントが多いので、


今回のバスケイベントは、

95%くらいがバスケで、

だからこそ、

バスケをスラムダンクとリアルぐらいでしか知らない僕でも、

バスケが楽しかったんだ、

と思います。

2014.05.23fri

結局、CDの収録曲について書いてませんでしたな。


今日はとりあえず、

収録曲を紹介します。


m1/序

m2/鼻唄

m3/春にして君を想う

m4/朝

m5/雨とバラード

m6/ロックンロール信者

m7/カウンセリング

m8/僕らが旅に出たい理由

m9/喫茶店ブルース

m10/花売り

m11/なかなか

m12/白いノートと黒い鉛筆、僕はまだ色付きのペンを持っていない

m13/言葉なんて

m14/うそつきドリー

m15/絵本

m16/あの街この街



ライブでおなじみだったり、

懐かしかったり、

未発表だったり。


とりあえず、

次にぼんやりでも進むための、

決別のようなものです。


いや、今後も演りますよ。

でも、意識的、にね。

2014.05.22thu

この時期は、

気温も湿度も、

凄く安定しないので、

※まぁそのせいかは定かではありませんが


ギターの音が、

日替わりです。


いや、

俺は楽しいのよ。

2014.05.21wed

僕の3枚目のCD、

「sample3」を無事入稿しました。

6/15日発売です。


明日あたりから、1曲ずつ解説していけたらな、と。

希望。



それはそうと今日はお休みなので、

東洋楽園のポニーさんにお願いして、

海釣りに連れてってもらいました。


生憎の空模様でしたが、

寒くもなく、

暑くもなく。

過ごし良い時間でした。


黒ソイと、

ちっちゃいフグくらいしか釣れませんでした。

でもなんでしょう。

この満ち具合。


4月半ばから最近まで、

自身の録音と、

仕事と、

その他と、

実家の事で、

時間がぐるぐると回り過ぎてました。


そのぐるぐるした時間も、

今日みたいなゆったりした時間も、

同じなんだな。

と、


これはたぶん、

双方の時間への、

なんつーか、

安心

みたいなものか。


を、感じました。

2014.05.13tue

音源のMIX作業しつつ、

ジャケットやら盤面やらのデザインしつつ、

1週間はあっという間なのです。

2014.05.12mon

何より、もーたろちゃんが最高でした。

2014.05.11sun

この日記を読んでくれてるコアな方にまず報告します。

6/15@LIVE-ARB『Acousitc Night vol.47』にて、

3rdCD「sample3」のレコ発をします。

心情的にライブ時以外での販売はあんまりしたくないので、

ぜひ。


「今」をすべて注ぎ込みました。

楽しみにしてて下さい。

2014.05.10sat

今日は、今年の春から東京に行ってしまった、

sweet&sourlifeの企画イベントでした。

もう地元のバンドって言えないのかしら?

そうだとしても、

もしも、

「地元で好きなバンドは?」

って聞かれたら、

「The Reservoir Dogs」と、

「赤く恥らえ」と、

「sweet&sourlife」って僕は答えると思います。


なによりかにより、

今夜のスイサワは、

相当良かったです。

2014.05.09fri

こんばんは。

お久しぶりです。

怒涛のGWを過ごしておりました。

僕が忙しいことは本当にいいことだと思います。


書きたいことは山ほどありますが、

いつかのために小出しにしていきたいと思います。


GWが終わったと言っても、

あとあと4日は怒涛が続きます。たぶん。

大詰めなのです。

お楽しみに。

してもらえれば嬉しいです。

2014.04.29tue

例えるなら、


晴れた日に差す傘のように。


太陽の動きが見渡せる場所に置かれた時計のように。


いつだったか言った「愛してる」って言葉のように。

2014.04.28mon

ちょっと間が空いてしまいました。

ごめんなさい。

今日は、

以前からチェックしてたアーティスト、

「はまちゅん」が米沢に来てくれました。


一言で無理矢理まとめるなら、

「傑作」です。

2014.04.22tue

ストロボチューナーってご存知ですか?

僕らが一般的に使ってるチューナーは、

クロマチック式のチューナーがほとんどです。


つっても、

クロマチックとかストロボとか、

理論は全然知らないのですが、


大雑把にいうと、

チューニングの精度が、

ストロボ > クロマチック

なのです。


つまりはどういうことか。



チューニングにすっごく時間がかかることになるのです。


でもたぶん、

「聴覚」というものを越えた精度でチューニングするので、


頑張ってチューニングした後の音は、

ちょっとニヤってするぐらい変わります。


結構おススメです。

2014.04.21mon

薄れがかるは、

かつての青空。

2014.4.20sun

ミチロウさんと少しだけお話できました。

オレ、もっと頑張ろうって思いました。

2014.04.19sat

Redd Templeが圧巻でした。

2014.04.18fri

今日はFox Capture Planというインストバンドがうちのハコで演奏しました。

デモを聴かせてもらった時から、

「絶対E.S.T好きなバンドだ」と確信してましたが、

まさにそうでした。

最後の日本公演も観に行ったとの事。

羨ましいなぁ。


彼らのライブは圧巻で、

なんだろう、

エネルギーって言葉が合うと思う。

が、すごく感じました。


また来てほしいです。

2014.04.17thu

どんどん歳をとっていくわけだが、

むしろ楽しみに思えるわけです。


それはやはり、

僕のまわりには、

馬鹿で、かっこよくて、愛すべき大人たちが、

たくさん居てくれてるからだと思います。

本当に本当にありがたい。


して、

僕もいつか、

そんな大人になれればいいな。

2014.04.16tue

久しぶりに新曲作ります。

2014.04.14mon

怒涛の週末進行のツケか、

非常に疲れが溜まってます。


疲れてるときに、

「疲れた」って言うと、

より一層疲れた気になります。


でも、

「疲れてない」って言うと、

なんか体とか頭にウソついてる気分になって、

ちょっと申し訳なく感じたりもします。


じゃあ、

何て言おうか。


自分の体とか頭に、

「お疲れ様」で充分じゃない?

2014.04.13sun

金曜日からさっぱり寝てなかったので、

この日はトランス状態でした。

でもしっかりと思ったことは、

THE STAR CLUBに来てもらえて、

本当に良かった。

ってことです。

2014.04.12sat

歌声酒場なるイベントでした。

言っちゃえば弾き語りフリーイベントで、

誰でも参加できるイベントです。

幅広い年代の人が集まって、

わいわいと、

ギター弾いて、喋って、

いままで知らなかった人同士が繋がって。


こういう少しずつ。

が本当に大切な気がします。

2014.04.11fri

さて、仕事が山積み。

2014.04.10thu

4/8はZEPPダイバシティで、

「ボブディラン」を観てきました。

まぁ、下調べもしない僕は勿論、

ZEPP東京の方に行きましたけど。何か?

目の前に観覧車があったから一人で乗ってみましたけど。何か?


おおきなガンダムは素通りして、

会場の確認に行きました。


会場の前の開けた場所で、

外人の弾き語りのおっさんが、

ボブディランを歌ってました。

とてもいい天気で、

目の前で座って聴いてたら、

「何か聴きたい曲あるか?」

って聞いてきました。(たぶん)

リクエストしたら応えてくれました。


ディランっていう媒体を介して、

外国の、しかも初対面の人とも交流できるんだ。

って思ったら、

なんだか嬉しくなりました。


オープン前、ブロックごとに整列してたら、

真後ろからハーモニカの音。

さっきの外人のおっさんです。

ギターは持ってなかったので、

「ヘイ!ミスター!ギターはどこに置いてきたんだい?」

「オレの相棒は今はコインロッカーの中だぜ!HAHAHAHA!」

「そいつはGOODだぜ!HAHAHA!」

みたいな会話(たぶん)をして、

互いの整理番号を見せ合ったりしました。


そしてオープン。

最前から3列目に行けました。

一時間後、スタート。



言うなれば、

『神との対峙』でした。


以上です。

あとは伏せたいと思います。

2014.04.09wed

4/7高円寺『楽や』

4/9池袋『鈴ん小屋』


両日ともにありがとうございました。

久しぶりの関東でしたが、

場所の雰囲気も良くて、

共演者さんたちも気さくで、

お酒も少し嗜んで、

とても気持ち良く演奏できました。


わざわざ観にきてくれた、

スイサワ御田さん

アリゲーターブルース小池さん

ヤドカリ津田ちゃん

時間に間に合わなかったけど高野

時間に間に合わなかったけど小杉

夜付き合ってくれた優子ちゃん

本当にありがとう。

とても心強かったです。


本当にびっくりするほど、

共演者の方々が素晴らしくて、

「個」のスタイルがあって、

だからこそか、

すごく居心地がよかったです。


山形県は米沢市という街で、

こんな男は居ます。

って、自己紹介でした。


「山形から出て、もっと活動した方がいいよ」と、

いろんな人が言ってくれました。

本当にありがたいです。


でも僕は米沢に帰ります。

約束があるんです。

あと8年。


大丈夫。

みんなにはまた必ず会えます。

最高の関東プチ演奏旅行でした。

本当にありがとうございました。

2014.04.08tue

昨夜は高円寺「楽や」さんでライブをさせて頂きました。

以前米沢に来たマンモスさんのお力添えもあり。

本当にありがたいです。


若干早めに高円寺に着いたので、

定番の迷子散歩。

それで思ったのが、

しっかりと生活がある街だなぁ、ってことです。

以前東京に居た頃には、

未踏の街だったのですが、

来てみたら、

とても住みやすそうな街でした。


グルグルと回って、

喫煙者の僕はタバコの吸える喫茶店を探しつつ。

今日日のおしゃれ雑誌の切り抜きみたいなカフェは素通りして、

「ボニー」という喫茶店にたどり着きました。

入口の面構えを見ただけで、入ってみようと思いました。


マスターのおっさんが一人でやってるお店で、

話を聞くと40年以上やってるとのこと。

白かったであろう塗り壁は琥珀色を越えて茶色で、

くたびれたメニューに書いてあった「ストロング珈琲」なるものを、

興味本位で注文してみました。


ストロング珈琲の説明をしてもらい、

※言っちゃえば濃くて重い珈琲です。

ギターケースを持ってる僕を見て、

「今夜はこの辺りで演奏ですか?」

と聞いてきたので、

「はい、この先のバーで今夜はライブです」

「いいですね、演奏旅行ですか?」

「明日はオフで、明後日は池袋、でその日の夜行で米沢に帰ります」


みたいな感じで世間話をしました。

ポツリポツリと昔の高円寺の事も語ってくれました。


今では少なくなってしまったが、

結構な数の演劇集団が高円寺には居て、

喫茶店なんて目下、

劇団員の憩いの場だった。

彼らは自身の「演劇論」について口論したり、

公演のチラシを貼りにきたり、

さながら、

彼らの芸術の集合場所だったんだ、と。


僕は、

そういう先輩たちが通い詰めた店に、

先輩たちが過ごした歴史のようなものに、

ふらっと、

何か「いい匂い」のようなものを感じて、

入っていけたことが嬉しくなりました。


マスターに向けて言ったのか、

先人たちに向けて言ったのか。

「また来ます」

って僕はライブ会場に向かいました。


金沢の「純喫茶ローレンス」

高円寺の「ボニー」

山形市の「煉瓦屋」


今のところ、僕の3強です。


って、ライブの感想書いてないじゃん。

2014.04.07mon

東京に着いたので、

朝の7:30からビールを飲んでます。

少し寝たらライブです。

楽しみ。

2014.04.06sun

この前は、

この春に高校生になる男の子が、

アコギを担いでやってきたのですが、

 

今日は、

30歳半ばの男性が、

「5ヶ月前からアコースティックギター始めたんです!」

って、まるでギター買いたての中学生・高校生のような目をして、

アコギを持ってやってきました。

 

「ギターってこんなに楽しいなんて思ってなかった」

と。

 

最近のこういう流れが、

本当に嬉しく思います。

2014.04.05sat

この日は、

HANGOUTという米沢にある古着屋さんの企画ライブに、

急遽、出演させていただくことになりました。

出演予定だったバンドの2組が、

インフルエンザで辞退したのです。

僕も気をつけねば。

 

若者がたくさんいて、

なんていうか、

こういうとこから始まるんだな。

って思いました。

 

そして、

そんな彼らに、

楽しさが伝われば嬉しいな。

 

米沢はこれからの町です。

みんなのおかげで少しずつ。

 

2014.04.04fri

すごく久しぶりに、

MUSICMANのBASSを引っ張り出して弾いてみました。

メインではFENDER JAPANのムスタングベースを使ってるので、

やはり比にならないレベルで音が違いました。

 

でも、MUSICMANを弾いて感じたのは、

「なんとも言えない物足りなさ」です。

2014.04.03thu

山崎まさよしの米沢公演のチケットを取るため、

躍起になってローソンチケットに電話を掛けたが、

1発で取れてしまいました。

 

いや、喜ぶことですが。

 

いつぞやのアラバキで観たぶりなので、

地味に静かに楽しみです。

2014.04.02wed

今日はお休みだったので、

自動車運転免許の更新へ天童に行ってきました。


それはさかのぼること1か月。

自宅に免許更新の案内の葉書が届きました。

僕は青色免許だったのですが、

「交通違反したのは本当にずいぶん昔だから、

そろそろ金色だろう。へっへっへ。」と、

期待しつつ案内の葉書を開けたら、

「免許区分:青(5年)」の文字。

地味にガッカリでした。

ってことは、

僕は35歳になるまで、

ゴールド免許には会えない。

ということです。

ああ愛しのゴールド免許。


いや、悪いのは自分です。

ええ、そうですとも。


もとい。

一応講習は「一般運転者講習」だったので、

1時間受講してきました。

日常生活で道路交通法とかあんまり意識しないので、

こういう機会は地味に楽しかったりします。


帰り道、ついでと言わんばかりに、

天童に新しくできたイオンモールへ行ってきました。

島村楽器だけを覗きに。

「やっべー!コレ弾いてみたい!」

って楽器が1本もなくてガッカリしつつ、

提示価格も引くとこはひいて、

押さえるとこは押さえてて、

なかなか好印象でした。

あの店キッカケで、

楽器始める人とか、

再チャレンジの人とか増えたら楽しいなぁ。

スタジオもあるらしいしね。


とか思ってたら、

たぶん60~70歳くらいのおっちゃんが、

レギュラースリンキーを買ってったんだよ。

2014.04.01tue

春にして君を少しだけ想う。

2014.03.31mon

3月さようなら。

ってね。

2014.03.30sun

「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」

って、皮肉な意味だけじゃない。

2013.03.29sat

世界は勝手に回るんだ。

それはとても心強いこと。

2014.03.28fri

さっきの夜。

「勇気出してライブハウスに来てみました。」

って、

春から高校生だという男の子が、

アコギ担いで自転車こいでやって来た。


たぶん、

今年入って一番嬉しかった。

2014.03.27thu

今日は平日でしたが、

レザボア君でライブでした。

「レザボア君」とは僕がベースコーラスで入ってる、

ロックンロールバンドです。

やっててすごく楽しい、

そんでカッコいい、

僕の誇りのバンドです。


結成して7~8年目か。

その時まわりに居たバンドや人は、

居なくなっちゃったり、

解散したり、

とっかえひっかえになったり、

いろんな事情で活動できなくなったりして。


でもその人たちが、

また「音楽やりてーな」って思ったときに、

その当時と変わらず、

レザボアってバンドが居て、

「お前らは相変わらずだな」

って感じてほしいです。


アマチュアのバンドって、

「スタンス」とか「理念」とか「指針」とか、

変な考えに縛られてる傾向がある気がします。

そこに「社会性」とかがプラスされて、

さながら会社運営みたいになってる気がします。

いや、すごくいいとは思うけど。

大事だとは思うけど。


レザボア君は至極簡単です。

「ロックンロール」になりたいだけです。

2014.03.26wed

夕方まではお休みなので、

こないだ届いた車に乗って、

近郊をグルグルしてました。


前の車(三菱のi)に乗ったときも、

「今の車って相当すごいな」

って思ったけど、

今回の車も、

「今の車って相当すごいな」

って感じました。


水色でなかなか派手でアレですが愛せそうです。


ディーラーに勧められましたが、

ナビは付けませんでした。

「旅」ってものの醍醐味、

「迷子」ってものの醍醐味、

が減る気がするの。


まぁ古いわな。

2014.03.25tue

すごくいい感じで録音できてます。

がしかし、

もう少し時間がかかりそう。

もうちょい待ってね。

2014.03.24mon

空色の車を購入しました。

アイドリングストップが自動でなるやつ。

信号待ち。

エンジンノイズも無くて、

外の音も聞こえて。

すんごく些細なことなんだけど、

少しだけ世界を感じれる。


気がする。

2014.03.23sun

ギターをみんなで弾いて、

笑って、

唄って、

酒飲んで、

語り合って。


これがすべてだと思う。


2014.03.22sat

今日はスカバンドが沢山出演してくれたイベントでした。

ルーツとしてのスカも好きなので、

終始楽しかったです。

なかなか米沢では無かった風なので、

少しでも根付いてほしいな。

僕は回線数の多さに、

ドキドキしつつも、

わくわくしてました。

2014.03.21fri

君の声。

2014.03.20thu

今日は、

高校生たちの卒業ライブイベントでした。


主催の子たちとは、

彼女らがバンド結成したときから、

関わってるので、

少し感慨深いものがありました。


とりあえずの活動は今日で停止になるバンドも居るでしょう。

でもでもだけど、

バンドが解散しても、

変わっても、

何かしら音楽続けていければ、

僕は、

今日の子たちとも、

また会えると信じてます。


だから、

僕はここに居たいんです。


それは、

今居るライブハウスって意味じゃなくて、

カテゴライズ的な意味での「音楽」

に、居たいんです。


そして、

いつでも君の帰りを待ってます。

2014.03.19wed

今日はお休み。

のはずでしたが、

結局夜から働いてます。


本当に可能であれば、

24時間働いていたいです。


基本、今の仕事は大好きです。


ただそれより、

ギターを弾いてる時間の方が、

圧倒的に好きなので、


まぁ、

困ったもんです。

2014.03.18tue

親指の爪の先が、

縦に割れてしまい、

すこしだけ、

しゅん、とする夜。

2014.03.17mon

気が付けば休日なく過ごしてたので、

明日は出勤しても休みノリでいきたいと思います。


それはそうとギターが割れてから、

※この話題多いね


アンダーサドルピエゾからのライン出力を試してみました。

これはもう悲惨で、

ちょっと「あちゃー」ってなりました。


生音は比較的無事だったけど、

やっぱりピエゾって振動をアレしてアレする素子なので、

少しの割れや変化も如実に再現するんだなぁ。

と感心したくらいです。

音はふつうに出ますが、

音の「ポイント」がずれたって感じです。

そのズレが非常に気になる部分でした。


なので、

開き直って、

ピエゾ取っちゃいました。

売りに出しちゃいました。

サドルも新しくして、

もう開き直って生ギターです。


ですが、

弾き語りだと生ギターで十分なのですが、

バンドアンサンブルとかになるとキツイので、

L.R.Baggsのマグネットピックアップを安価で購入し、

それに備えようと思います。


そうそう、

ピエゾを外したので、

サドルも新しくして、

※アンダーサドルピエゾ分の高さがマイナスされるので、

 ピエゾを外したらサドルの交換も必須になるわけです。


久々に弦接触面とか考えてサドル削りをしました。

たぶん、

ギターのサイドが割れてなきゃ、

否、

それを度外視しても、

非常に気持ちいい音が今、鳴ります。


ケガの巧妙。

ちょっと違うか。

2014.03.16sun

丁度、太陽が去っただけだろう。ってね。

2013.03.15sat

今日は、米沢出身で今は関東の方に住んでる堀内君の企画LIVEでした。

「Regeneration vol.10」

たぶん、彼の企画で一番お客さんが来たと思います。

10回目。

続けていくことの大切さ。


もっともっと、

イベントの向こう側にある、

「彼のやっていること・思ってること」

をみんな考えてほしい。


尊敬すべき、

僕の大好きなイベントです。

2014.03.14fri

人間、風邪をひくと、

2~3個は出来ることが減ってしまって、

その結果、

一日が結構早めに終わります。

ちょっと悔しいですね。


2014.03.13thu

例えばリンゴは、

「リンゴ色」なのであって、

必ずしや「赤」ではない。

と思うと、

僕は少しだけ、

ほっとする。

2014.03.12wed

仕事柄か、

学生さんのエレキギター弾きと関わることが多々あるのですが、

マルチエフェクターってあるじゃないですか?

あのたくさん機能付いてるやつ。


あれはオールイン1で、

すごく便利だと思います。

お財布にも優しいっちゃ優しいし。


ただしかし大前提として、

「使いこなせれば」です。


そしてさらに大前提として、

「それを使って作りたい音」が頭の中にあるかどうか。

だと思います。


つまみやパラメーターがたくさんいじれるからと言って、

こねくり回しすぎて、

なんかおもちゃみたいな音になってませんか?

2014.03.11tue

3年前のこの日。

僕は転職活動中という名の冬休みで、

家にいました。

当時の恋人と暮らしてた家。


あの時は、いつものように、

膝の上を陣取ったネコを撫でつつ、

さらにネコの眠りの邪魔にならないように、

膝の上に申し訳ない程度に置いたギターで、

ぽろんぽろんと遊んでいました。


あの日の地震の話になると、

僕はまずここから思い出します。


そのあとの目まぐるしく怒涛の日々も連なってきます。


被害は少なく、

現に今、ぴんぴんと生きてる僕らは、

たまにあの日を忘れそうになります。

それはそれでいいと思います。


それでも、

それを、

思い出せない程のクズには僕はなりたくないのです。


毎年この日がきっかけになってもいいと思う。

あの時の感情。


『僕には何が出来る?』



2014.03.10mon

去年の10月くらいから、

秘密裏に体重増量計画をしてました。


というのも、

なんていうか、

脆かったんです、自分。


すぐ風邪ひくし、

疲れやすいし、

腰も去年の夏にギックリ腰やって入院したし、

食事性の低血糖症になったし、

胃潰瘍と逆流性食道炎に同時になったし、


で、

先々の病院でお医者先生に言われるのが、

「もうちょっと太った方が健康的にいいよ」

ってことでした。


ので、

全盛期より8~10kgぐらい太りました。

一日3食食べるってのは体力がいりますね。


比較的、

疲れにくくなったのは確かで、


今これを書いてる現状、

風邪ッぴきなのですが、

脂肪というエネルギー源のおかげかは知らないけど、

なかなか元気に動けてます。


齢も30間近。

元気であること前提で生活できるように、

なりたいのです。

2014.03.09sun

昨日のSTUDSが楽しかったからか、

若干ながら風邪気味です。

西尾さんですら心配してくれました。


西尾まさきっていうおっさんが居るんですが、

年に3~4回くらいウチのハコでライブしてくれるんです。


毒突いてきたりと、

一見小面倒くさいおっさんですが、

すごく気のいいおっさんです。


なにより、

西尾さんのギターと唄と曲は、

この辺じゃあんまり触れられないレベルの、

「本物」です。

みんなに聴いてほしいな。


春になったら西尾さんのカバーをしようと思いました。

2014.03.08sat

今日は僕の職場であるLIVE-ARBってライブハウスで、

神奈川のBAND「STUDS」のワンマンLIVEでした。

お客さんは目標の50名に僅かとどかず。

でも、

なんていうか、

すごくいいライブ、ステージをしてくれたと思います。


バンドの楽しさや、辛さ、寂しさや嬉しさが、

STUDSのステージから感じます。


ステージは本当に一直線のパフォーマンスで、

なんていうか、

「胸張ってる」

ってバンドです。


観ていて、

一緒にイベントできて、

本当に気持ちのいいバンドです。

2014.03.07fri

さて、僕のメインのアコギが割れてから少し時間が経ったので、

レビューでもしようと思います。


①『精神的に』

やはりまだ若干引きずっているのか、

たまに不意に無意識に、

「弾き」が弱くなってしまう。

根本、普段の弾きが若干強すぎた感が無くもないので、

(※むしろ今くらいの力加減の方が気持ちいい音が出る気がする)

今の感じをベースにしたいとすら思う。


②『音的に』

たぶん結構な割合で低域成分が減少した。

やはり低域ってなると筐体全体で響かせないといけないので、

サイド部であろうと割れがあると如実である。

しかしながら、

僕のギターはスモールボディ(ノーマルスケール)+深胴で、

さらにオール単板だったので、

ボディに似つかわない音質が特徴だったのだが、

現状、スモールボディっぽい音と言えばそれなので、

案外悪くはない。

※アンダーブリッジピエゾでのライン出力時に、

今回の割れがどれ程影響するかは未確認。

いくらピエゾと言えども影響は出ると予測。


③『見た目的に』

今回の割れはポジション的に、

座ってギターを弾くときに太ももに接する部分の割れである。

なので、パッと見は判別できないと思う。

しかし、

現状、黒の布テープで「ベっ」と貼っただけなので、

若干痛々しいルックスになってしまった。

加えて、

トップ板にもピック傷や弾き傷が多数で、

普通に木がむき出しになってるため、

なかなかの使い古し感である。

※トップはこれ以上キズの浸食を防ぐため、

極薄の透明ピックガードを最近から貼ってます。



@総評

結局、僕はこのギターが好きなんだな。

って事でまとめられると思います。

2014.03.06thu

時間は有限だからこそ尊ぶべきものなのだよワトソン君。

2014.03.05wed

結局仕事してました。

休日ですが。


昨夜未明、

人生でベスト3に入る勢いの、

衝撃的な事が起きました。


ずーっと使ってるメインのアコギ、

をいつものように弾いてたのですが、

ちょっとタバコを取ろうと、

体ごとクルっと向きを変えたのです。


その時、

「コツン」と、

ほんとに「コツン」と、

机にギターがぶつかったんです。


まぁ軽くぶつけることはよくあることなので、

気にせずタバコを取り火を付け、

さてもう一弾きしようかな、と思った時、

異変に気付いたのです。


ギターのサイドがバックリと割れてたのです。

スキマ5~8mmほどの亀裂が35cmくらい。


しばらく、

ショックで、

言葉を無くし、

茫然とし、

さまざまな思い出がフラッシュバック、


しつつも、


「単板の割れ方ってほんと真っ直ぐだなぁ」とか、

「修理出したらいくらかなぁ」とか、

「そもそも修理出したら音変わっちゃうよなぁ」とか、

考えてました。


「とりあえず亀裂を閉じてみよう」ということで、

割れて広がる亀裂をゆっくりと力で閉じ、

布テープを張って止めてみました。



、、、、、、、、。



、、、、、、、、、、、、。



意外と大丈夫じゃん。



言っちゃえば、

これまでの扱いの積み重ねで、

蓄積されたそれだと思います。

それでも耐えてくれてる、

むしろ今回の事象をこの程度で耐えてくれたギターに、

最大限のリスペクトを。


限界までコイツを弾こうと、

決意した夜でした。


そんなわけで、

これからはガムテープで補強したアコギで活動します。

時期見て修理はすると思いますが、

改めまして、どうぞよろしくお願いします。

2014.03.04tue

僕は時間に追われてる感覚が強い気がします。

特に「時計」というものに、

若干の強迫性を感じます。


たとえば15時に予定があったとして、

今は14:30。

たぶん30分くらいあれば1つや2つくらい、

何かしら成せる事はあるとは思うんですが、

15時への畏怖感のようなもので、

何か一杯になるんです。


結構、損してるような感じです。


なのでここ2年くらいは日々のtodoリストとか作って、

細分化して、

少しずつ自分を矯正してます。



時間は全世界共通なのにね。

なんでだろう。

2014.03.03mon

今月は、

年に2回ぐらいある「新曲をつくらない月間」です。

たぶんほっとけば新しい曲を作りたくなるので、

あえて止めます。

こんな感じで、

たまに立ち止まって、

今までの曲を、

今の感覚で触れるのも、

大切な事のように思うのです。

2014.03.02sun

仕事柄なのか、

機材のチェックと称して、

僕もたまにエレキギターを弾きます。

GIBSON(だと思われる)の白いレスポールJrの、

ダブルカッタウェイ。

鼈甲柄のピックガード。

雰囲気だけでビグスビー付けました。


何よりP-90の音って、

エレキギターのピックアップ史で、

傑作に位置すると、

僕は勝手に思ってます。


2014.03.01sat

悩みや不安や悲しい寂しい、等を、

吐露することはすごく大切だとは思うけど、


少しだけ、

それに慣れそうで、

怖くなったりしませんか?

僕は少しだけ怖くなります。


気が付けば3月。

ようこそ。

2014.02.28fri

来月頭に予定してる録音作業に向け、

最終微調整が続いてます。

この期間が、

実はすごく楽しかったりするのです。

2014.02.27thu

弾き語りでのライブ時、

ここ1~2年くらいはずっとマイクでギターを拾ってました。

今月入ってから、

再びラインでの出力に挑戦しています。

正直マイクの方が楽なのです。

(音的にもセッティング的にも)


システムを書くのはどうかとは思いますが、

・アンダーブリッジピエゾ:FISHMAN matrix infinity

・pre amp:MXRの10バンドEQ+FISHMAN AURAのDI

でひとまず落ち着きました。


ただ個人的な課題として、

①MXRのEQをAURAの前に繋ぐor後ろに繋ぐ

②AURA出しの場合、ダイレクトアウト(XLR)と普通のアウト(PHONE)での音質の差

が課題です。


何のこっちゃな文章でしたが、

私的備忘録として。

2014.02.26wed

久しぶりにHPを何とかしようと思いました。

放置もいいとこでしたね。

それでも懲りずに観てくれてた皆様、

本当にありがとうございます。


今まではほぼ米沢でのみの活動でしたが、

今年からは少しずつ外に出れそうです。

お近くの際はぜひ。

2014.02.25tue

「僅かな希望」という言葉を、

たぶん、

「言い訳」にしていたんだと、

今日しっかりと解りました。